【いい話】マンCとQPR、ヤヤ・トゥーレのシュート直撃のファンの少女にサイン入りユニをプレゼント

11月8日に行われたプレミアリーグ第11節、QPRとマンチェスター・シティの試合は2-2の引き分けに終わりました。



この試合の前半途中にシティのヤヤ・トゥーレが放ったシュートがゴール裏のスタンドにいた5歳の女の子の顔を直撃するアクシデントがありましたが、QPRとシティ、そしてヤヤ・トゥーレのその後の対応が素晴らしいと話題になっています。




スポンサードリンク






前半27分、ヤヤ・トゥーレが放ったシュートはスタンドに飛び込むと、不運にもスタンドで観戦中の5歳のクロエ・パワーちゃんに直撃。






幸い大事には至らず、その後も試合を観戦したというクロエちゃん。試合後にはトゥーレがクロエちゃんと彼女の父親と電話で話したようで、彼女の無事を聞いてホッとしていたようです。




「僕のシュートが当たってしまった女の子が無事と聞いてホッとしているよ。とても心配だったんだ。また、遠くまで足を運んで応援してくれたシティファンたちにも参加したい。」




「ちょうどクロエちゃんと彼女のお父さんと電話で話したよ。無事で本当に良かった。」






そして試合後、QPR、シティがともにクロエちゃんにサイン入りユニフォームをプレゼントするという粋な計らい(*゚∀゚)っ




不運なアクシデントでしたが、こうやってファン想いの対応をしてくれるのはプレミアらしくていいなーと。ファンを大事にする文化はリスペクトすべきですね(*゚∀゚)っ


でもこれ本当はお父さんがクロエちゃんを守ってやるべきだよなぁ・・・(´・ω・`)


試合ハイライト




追記



後日、QPRのクラブハウスを訪れたクロエちゃんがサイン入りユニフォームを受け取ったようです。







クラブマスコットとツーショットを撮るクロエちゃんの笑顔が素敵です(*゚∀゚)っ



スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ