【小ネタ】低迷続けるマンU、ファン・ハール指揮下ではモイモイ体制よりも成績悪化…一方で補強費は実に5倍

先日のマンチェスター・ダービーに敗れリーグ9位タイに沈むマンチェスター・ユナイテッド。



これで実に44年ぶりの同ダービー4連敗を喫するなど低迷が続くユナイテッドですが、今季から指揮官に就任したルイ・ファン・ハール体制での成績とデイヴィッド・モイーズ元監督の成績の比較が話題になっているようです。フットボールチャンネルも記事にして伝えています。



スポンサードリンク








記事によれば、ここまでファン・ハール体制でリーグ戦10試合を終えて3勝4分け3敗の勝ち点13。昨季のモイーズ体制での10試合を終えた時点での成績は5勝2分け3敗の勝ち点17と、批判を浴びていたモイーズユナイテッドと比べても成績が悪化しているようです。


さらに今季と昨季の補強費の差が分かる比較画像がこちら。



補強費5倍もかけたのに・・・(´・ω・`)



今季はアンヘル・ディ・マリアやラダメル・ファルカオを獲得するなど、シーズン前に100億円を超える補強費を投じたファン・ハールでしたが結果は出ず・・・


さすがにユナイテッドファンたちも痺れを切らしている気がしますね・・・これ見るとやっぱりモイーズはあの戦力でも頑張った方なのかなと思えてくる不思議(゚д゚)




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ