アンフィールドにモイーズの銅像→リヴァプールは17戦ぶり敗れる…モイモイの呪い?

プレミアリーグの優勝争いの大一番となった第36節のチェルシー戦で17試合ぶりに敗れ、優勝に向け黄信号となってしまったリヴァプールですが、その敗戦の背景にはあの男の呪いがあったのではないかと僕の中で話題になっております。


スポンサードリンク






実はチェルシー戦当日にモイーズの銅像が建立していた!


どうやら大手ブックメーカーである『パディ・パワー』が27日、マンチェスター・ユナイテッドを退任したデイヴィッド・モイーズ監督の皮肉たっぷりの銅像をリヴァプールの本拠地アンフィールドに設置していたようで・・・



モイモイの呪い?


そして同日に迎えたチェルシーとのプレミア天王山、リヴァプールはスティーヴン・ジェラードのまさかのミスなどでチェルシーに0-2で敗戦。

これを受けて、早速ネット上ではこんな画像が。


モイーズの呪い半端ない・・・ヮ(゚д゚)ォ!


さすがフットボールジーニアスwこれは思わず笑ってしまいましたw

何せ2014年に入ってから負けなし、11連勝中だったリヴァプールが17試合ぶりに負けたと思いきや、かたやマンチェスター・ユナイテッドはモイーズ退任後の試合を4-0で大勝してますからねヽ(´Д`;)ノ

もうモイモイも可哀相になってきたのであんまり言いたくはなかったのですが、正直これは呪いとしか思えませんわなw

残り2試合、疫病神モイーズの呪いがリヴァプールをこれ以上苦しめないことを祈ります






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ