ジョン・テリーの娘サマーちゃん、チェルシー下部組織に入団しデビュー戦でいきなりゴール!

チェルシーの主将で元イングランド代表DFジョン・テリーの娘のサマーちゃん(9歳)がチェルシーの下部組織に入団し、デビュー戦でいきなりゴールを決めたようです。サッカーキングが伝えています。


スポンサードリンク






記事によれば、テリーは自身のInstagramにて娘のサマーちゃんの写真を投稿し、サマーちゃんがチェルシーの下部組織に入団した事、さらに9歳以下のチームの試合でデビューし、ゴールも決めて12-2での大勝に貢献したことなどを明かしたとか。



以下は記事よりテリーのコメントの引用です。

「チェルシーのU-9(9歳以下のチーム)に入団したサマーを心から誇りに思うし、親父と同じチェルシーのシャツを着てデビューした。サマーも得点してチェルシーが12-2で勝ち、最高な一日になった」




これはお父さんとしては嬉しいでしょうね!


ちなみにテリーは14歳でチェルシーの下部組織に入団したとのことで、娘さんの方が5歳も早くブルーズの一員になったようです。いささか気は早いですが、サマーちゃんが将来的にチェルシーのトップチームでなでしこジャパンのエース大儀見優季と共にプレーすることになるかも?



さらにテリーは自身がこれまでキャプテンを務めてきた証であるアームバンドのコレクションの写真もアップ。これぞチェルシーのレジェンドですな(*゚∀゚)っ


Saved all of my arm bands over the years and hoping to add many more to my collection. © Very Proud and Honoured

JTさん(@johnterry.26)が投稿した写真 –




スポンサードリンク



↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ