【小ネタ】アシスト量産中のセスク、カップ戦でアスピリクエタと共に見事な”アシスト”(動画あり)

キャピタル・ワン・カップ準々決勝、2部のダービー・カウンティに3-1で勝利し、順当に準決勝進出を決めたチェルシー。




フィリペ・ルイスに移籍後初ゴールが生まれたこの試合、今シーズンアシストを量産中のセスク・ファブレガスが違った意味での”アシスト”を決めていたと話題のようです。



スポンサードリンク






セスクは前半23分、エデン・アザールの先制ゴールをアシスト。これで今シーズンのアシスト数を15に伸ばします。





そして話題になっているのが前半44分の場面。ダービーのコーナーキックの際に、フランス人若手CBのクル・ズマがGKペトル・チェフと交錯。頭を強く打ち立ち上がれない事態になります。すると・・・




めっちゃ手伝ってる(`・ω・´)



味方のアクシデントに一刻も早く助け舟を出そうと、セスクはセサル・アスピリクエタと共にメディカルスタッフがピッチ内に担架を運び込むお手伝い。見事な”アシスト”っぷりをここでも披露したのでした。


試合後には自身のTwitterを更新したセスク。この1枚をセレクトし、「準決勝進出。今夜はアスピリクエタと2つの仕事をこなしたよ・・・」と冗談めかしたつぶやきを残しています。



ズマはその後負傷により交代。頭部への負傷ということもあり、少し心配・・・(´・ω・`)



試合ハイライト









スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ