【小ネタ】奇跡の逆転優勝の行方はこの男次第?最終戦でシティと対戦の元リヴァプールFWキャロルの対シティ成績が凄かった

いよいよ11日に最終節を迎えるプレミアリーグ。

37節を終えて現在首位に立っているのはマンチェスター・シティで、勝ち点差1でリヴァプールが追うという優勝争いの行方に注目が集まります。

リヴァプールは逆転優勝のためには勝つしかないという状況。一方で勝てば文句なしの優勝が決まるシティは得失点差でリヴァプールを13も上回っており、引き分けでもリヴァプールがニューカッスルに13点以上の大差をつけて勝たない限り優勝となり、かなり優位な状況です。

そんなシティが最終節迎えるのは12位のウェスト・ハム。そんなウェスト・ハムにはリヴァプールの奇跡の逆転優勝のカギを握る男がいると話題になっていました。


スポンサードリンク






ウェスト・ハムのエースとして最終節マンチェスター・シティと対戦するのが、元イングランド代表FWアンディ・キャロル


実はキャロルは2011年から2013年にかけてリヴァプールに所属しており、2012-13シーズンにレンタル移籍でウェスト・ハムでプレーしてから、今シーズンは完全移籍を果たしていました。

そんなキャロルですが、実はシティとの対戦の中で5ゴールを挙げており、シティはキャロルが最も得意とする相手だったのです。



大柄な体格と空中戦の強さ、そして強烈な左足という武器を持ちながら、リヴァプール時代はなかなか結果を残すことが出来ず、出場機会を求めてウェスト・ハムにやってきたという経緯のあるキャロル。

また、ウェスト・ハムにはもう一人、昨シーズンまでリヴァプールでプレーしたMFスチュアート・ダウニングもおり、ダウニングは前節のトッテナム戦でゴールも決めています。


リヴァプールファンの僕的には、ダウニングのアシストからキャロルが決めて、古巣の逆転優勝をアシスト!と言うような胸熱展開が見たい!(*゚∀゚)っ

気になる最終節の2試合は日本時間11日の23:00に同時キックオフです!





スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ