【訃報】前バルセロナ監督のティト・ビラノバ、がんと闘病の末死去…45歳での若すぎる死去に選手たちもメッセージ

昨シーズンにバルセロナを率い、リーグ最多となる勝ち点100を積み上げ優勝を果たした前監督のティト・ビラノバ氏が4月25日に死去しました。クラブも公式Twitterにて伝えています。


スポンサードリンク











記事によれば、ビラノバ氏は2011年11月に耳下腺に悪性腫瘍が見つかってから摘出手術を受けて2012年夏にジョゼップ・グアルディオラの後任としてバルセロナの監督に就任していましたが、シーズン中の2012年12月に再び悪性腫瘍が再発し、治療のため一時離脱していました。

その後、リーグ終盤にはベンチに復帰してリーガ・エスパニョーラ史上最多勝ち点となる100を積み上げリーグ優勝を果たしていました。

今シーズンも指揮を執る予定だったものの、治療に専念するため監督を退任。闘病生活を続けていましたが、4月24日に容体が悪化し緊急手術を受けていたと報道されていました。


これを受けて、ティトの下プレーしたリオネル・メッシやダビド・ビジャ、またセルヒオ・アグエロらも追悼のメッセージを発しています。








これは悲しいニュースとなってしまいました・・・

正直言ってグアルディオラの存在が大きすぎて、僕の中ではあまり印象が強くなかったビラノバ前監督でしたが、史上最多の勝ち点100でのリーグ制覇を果たすなどかなりの成績を残していました。

また、2008年~2012年にはグアルディオラの助監督としてバルセロナの黄金時代を支えていただけに、バルセロナのクラブや街全体が大きな悲しみに包まれているでしょうね・・・

まだ45歳と言うのも若すぎます・・・ご冥福を心よりお祈り申し上げます。



スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ