【動画】ハメスの決定機を奪ってシュートを外したレアルFWベイルの独りよがりなプレーが話題に

リーガ第21節、首位レアル・マドリードはデイヴィッド・モイーズ率いるレアル・ソシエダとホームで対戦。


先日のコルドバ戦で相手を蹴って一発退場となったクリスティアーノ・ロナウドを出場停止で欠いたレアルは開始早々に先制を許すも、ハメス・ロドリゲス、セルヒオ・ラモス、カリム・ベンゼマのゴールで4-1と逆転勝利を飾りました。



この試合の前半途中のギャレス・ベイルのシュートミスが話題を呼んでいるようです。






スポンサードリンク







話題になっているのは前半41分のこのシーン。左サイドを突破したベンゼマがGKを引き付けて中央にグラウンダーのクロスを送ると、そこで待っていたハメス・ロドリゲスが反応。シュートを流し込むだけの場面でしたが、同じく上がっていたベイルがハメスより先にボールをトラップしシュート。しかしこれがDFに当たり、枠を外れてしまいます。








サッカーキングの記事によれば、「ベイルのシュート後、突然目の前で自分の決定機を奪われたJ・ロドリゲスはその不満を明確にジェスチャーで示した。ベイルの自己中心的なプレーに、サンティアゴ・ベルナベウの観衆からはブーイングが起きた」ようで、ベイルの独りよがりのプレーにはファンからも批判が集まっているようです。




個人的にはあそこでシュートに行くことが悪いことだとは思いませんし、攻撃の選手ならあのくらいエゴイスティックにゴールに向かう事が必要だと思うのでそれほど問題とは思いません。ベイルは実際この試合でも左サイドの崩しからベンゼマにアシストも決めていますし、チャンスを多く作り出していました。


メディアが彼のプレーの悪い面だけを取り上げることで印象操作している感が否めません・・・スター選手を擁する銀河系軍団でプレーするのは大変だなぁ(´・ω・`)



試合ハイライト




リーガ公式YouTubeハイライト






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ