【データ】5季連続100ゴール超え!C.ロナウド加入後のレアル・マドリードの得点数の増加ぶりが半端じゃない件

クリスティアーノ・ロナウドが加入した後のレアル・マドリードのリーグ得点数の増加ぶりが半端じゃないと話題になっているようです。



スポンサードリンク






その増加ぶりが一発でわかる画像がこちら。



詳しく見ていくと・・・




ロナウド加入前の5シーズン

2004-05シーズン: 71ゴール

2005-06シーズン: 70ゴール

2006-07シーズン: 66ゴール

2007-08シーズン: 71ゴール

2008-09シーズン: 83ゴール


ロナウド加入後の5シーズン(カッコ内はロナウドの得点数)


2009-10シーズン: 102ゴール(26)

2010-11シーズン: 102ゴール(40)

2011-12シーズン: 121ゴール(46)

2012-13シーズン: 103ゴール(34)

2013-14シーズン: 104ゴール(31)



ロナウド効果やばすぎ(*゚∀゚)っ




レアル・マドリードのリーグ戦での得点数を見てみると、ロナウド加入後のここ5シーズンはなんとすべて100ゴール超えを達成するという激増ぶり!


ちなみにロナウド加入前の5シーズンの平均得点数が72.2ゴール、そして加入後の5シーズンの平均得点数が106.4ゴールなので、何とその差はプラス34.2ゴール。ロナウド効果おそるべし(゚д゚)


なお、先日のUEFAチャンピオンズリーグのリヴァプール戦でゴールを挙げたロナウドはCL通算ゴール数を70に伸ばし、歴代最多得点者である元レアル・マドリードFWラウール・ゴンサレスの記録にあと1と迫っています(●゚ω゚)ノ




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ