ネイマールもバナナ片手に息子との2ショットをアップし人種差別に反対「僕たちはすべて同じで、みんな同じサルだ」

リーガ・エスパニョーラ第35節ビジャレアルvsバルセロナの試合でダニエウ・アウヴェスが投げ込まれたバナナを食べるシーンが話題になっていますが、アウヴェスのチームメイトであるネイマールも人種差別に反対する写真とメッセージを自身のInstagramにアップしています。


スポンサードリンク





チームメイトのアウヴェスが人種差別行為を受けた試合後、ネイマールは自身のInstagramにこの写真をアップ。




バナナを片手に息子と2ショット写真を撮り、キャプションには4か国語で「僕たちはみんな同じサルだ。」という趣旨のコメントを掲載しています。

また、サッカーキングの記事によれば、ネイマールは「僕たちはすべて同じで、みんな同じサルだ。人種差別なんてしない。2014年にこのようなことが起きるのは恥だ」というコメントも残しています。



ネイマールも即座に素晴らしい行動に出ましたね!

日本ではなかなか人種差別に相当するような行為を受ける経験は稀だと思いますが、今や世界各地で様々な人種の人々が街を行きかう時代ですし、我々日本人にとってもこういった意識を強く持つことが大事なのかなと思いますね。

それにしても本当に海外の選手たちはこういうSNSの使い方が上手いなあと感じますね!

まだまだ根強い人種差別問題ですが、一人一人が意識を持ってこのような行為を無くしていきたいものですヽ(゚ω゚ )



スポンサードリンク




↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ