【悲報】ソシエダでの初戦に挑んだモイーズ、選手名を思いっきり間違える…相手監督に怒られる場面も

先日行われたリーガ・エスパニョーラ第12節のアウェーのデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で、初めてチームの指揮を執ったレアル・ソシエダのデイヴィッド・モイーズ新監督。



記念すべき初采配はスコアレスドローに終わったモイーズでしたが、デビュー戦では自チームの選手名を思い切り間違えたり、相手監督に怒られたりと踏んだり蹴ったりだったようです。


スポンサードリンク





モイーズのデビュー戦に迫った映像がこちら。






予備動画



試合中にサイド際での相手チームのファールがあった際に、思わずピッチに入り込んでボールを触ってしまったモイーズ。これにはデポルティーボのビクトル・フェルナンデス監督も激おこだった様子 (´-ω-`)



また、ピッチサイドから「ステファノ!」と大声で叫んで指示を送るモイーズでしたが、ソシエダにはステファノという名前の選手はいないそうで、どうやらエステバン・グラネロのことを呼んでいた模様。




さらに興奮しすぎてズボンも敗れていたそうで・・・



デビュー戦ですでにネタが尽きないモイモイ、今後も期待できそうです(^q^)


試合ハイライト






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ