【データ】相変わらずメッシがヤバい件…「最悪のシーズン」でも40ゴール超え達成

先日のリーガ・エスパニョーラ第36節のヘタフェ戦で終了間際の同点弾を浴び、痛恨のドローを味わったバルセロナ。



スポンサードリンク





チームは残り2試合となったリーグ戦では首位アトレティコと勝ち点差3の2位につけていますが、スペイン国王杯では決勝でレアル・マドリードに破れ、チャンピオンズリーグでも準々決勝にアトレティコに敗れるなど、未だ今季タイトル獲得がありません。

リーガ獲得を逃せば今シーズン無冠となってしまうバルセロナですが、今シーズンはエースのリオネル・メッシも怪我に苦しみ、「最悪のシーズン」を送っているとの声も上がるなど、過去のシーズンに比べると調子が落ちているように思えます。

しかしそんな「最悪のシーズン」を送りながらもメッシが今シーズン挙げたゴール数はと言うと・・・




公式戦44試合で41ゴール、13アシスト!


「最悪のシーズン」で40ゴール超えを達成していたとは、さすがメッシ( ゜д゜)

比較対象として挙げられている選手たちの数字はこちら。



・ラウール・ゴンザレス – 2000-01シーズン: 32ゴール
・ディディエ・ドログバ – 2009-10: 37ゴール
・アンドリュー・シェフチェンコ – 2000-01: 34ゴール
・ウェイン・ルーニー – 2011-12: 34ゴール
・ラダメル・ファルカオ – 2010-11: 38ゴール
・ティエリ・アンリ – 2003-04: 39ゴール


不調ながらこの数字を叩きだしているメッシがいかにずば抜けているかが分かりますね・・・

ちなみに、「最高のシーズン」と言われる2011-12シーズンには73ゴールを記録しておりました。半端ない・・・




また、サッカーのデータ分析を行っているSquawka Footballによれば、今シーズンのヨーロッパで最もパフォーマンススコアが高いストライカーもメッシだそうです。




まあ今シーズンはバルサのクラブ史上最多得点記録を更新してますし、相変わらずメッシはヤバかったということでしょうねヽ(゚ω゚ )




ちなみにライバルのC.ロナウドは今シーズン唯一50ゴールを達成しております(*゚∀゚)っ




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ