453試合で371ゴール!メッシがバルセロナのクラブ史上最多得点記録を更新 、1試合平均0.82得点と有り得ない得点ペース

3月16日に行われたリーガ・エスパニョーラ第28節の対オサスナ戦にて、バルセロナのリオネル・メッシがハットトリックを決め、通算371ゴールを達成しクラブ史上最多得点を更新しています。サッカーキングが伝えています。


スポンサードリンク





 
 

 

 
 
それまでの最多得点記録はパウリノ・アルカンタラ氏が持っていた369得点でしたが、その記録に1点差まで迫っていたメッシはオサスナ戦のハットトリックで一気に記録を更新することになりました。


それにしても前記録保持者のアルカンタラ氏が在籍していた期間は1912年~1927年と、実に90年前の記録。メッシはその約1世紀前の記録を塗り替えるというとんでもない偉業を達成しているのです。

 
 
ついでにそのその得点率の凄さをインフォグラフィックでご紹介します。
 
 

 
 
これは親善試合等も含めバルセロナで出場した全ての試合での記録だそうですが、453試合で371ゴールを記録。
 
そして驚異的なのがその得点ペースで、1試合あたり0.82得点(小数点第2位以下切り上げ)となっており、実に5試合に4点取っている計算になります。まさにバケモン\(^o^)/
 


僕らはもうすでに歴史の目撃者なのかもしれません。
 
 
メッシがハットトリックを達成したバルセロナvsオサスナのハイライトはこちら
 
 

FC Barcelona 7 Osasuna 0 投稿者 acosart




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ