人種差別抗議キャンペーンに長友も参加…バナナ片手にインテルの選手たちと共に

リーガ・エスパニョーラ第35節のビジャレアルvsバルセロナの一戦で、スタンドからバナナを投げられたバルセロナのダニエウ・アウヴェスが人種差別に抗議するアクションを起こしたことからサッカー選手たちを中心に世界中で人種差別抗議キャンペーンが広がっていますが、その“バナナの輪”に日本代表DF長友佑都とインテルの選手たちが参加していたようです。


スポンサードリンク






4月27日のアウヴェスのバナナ事件を受けて、ネイマールが息子と共にバナナ片手に写る写真をアップしたことで、「バナナ=人間はみんなサルだ」というメッセージをSNSを通じて発することが世界中のサッカー選手たちの間でムーブメントとなっていましたが、29日にはインテルの選手たちもこのムーブメントに参加する形でクラブ公式Instagramがこんな写真をアップしていました。




ご覧のとおり、この写真にはキャプテンのアルゼンチン代表DFハビエル・サネッティ、コロンビア代表MFフレディ・グアリンらと共に日本代表DF長友佑都も参加しています。


イ ン テ ル 長 友 △ !


様々な選手たちの間に広がっていた人種差別に抗議を表す「バナナ写真」ムーブメントですが、インテルの選手たちと共に我らが日本代表の長友佑都も参加してくれました!

これは普通に日本人として嬉しいですね(`・д・´)ゝ

まあ特別なことをしたわけではないですが、僕はこういうことはただ傍観するよりも何かしらアクションを起こした方がいいと思っている派なので、やらないよりはやったほうが素晴らしいよね!って思いました。相変わらずのドヤ顔ですし。


それにしてもグアリン(左から2番目)の笑顔がノリノリでわろたw



スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ