【動画】イライラC.ロナウド、相手選手蹴って一発退場!レアルは辛勝、試合後には謝罪

リーガ・エスパニョーラ第20節、アウェーでコルドバと対戦した首位レアル・マドリード。試合はカリム・ベンゼマのゴールで先制するも前半に追いつかれ、試合終了間際のギャレス・ベイルのPKによるゴールで何とか勝ち点3を獲得し首位を守りました。



この試合ではエースのクリスティアーノ・ロナウドが相手選手を蹴って一発退場処分を受ける場面もありました。


スポンサードリンク







堅守速攻を徹底するホームのコルドバに苦しめられたレアル・マドリードは、1-1の引き分けのまま迎えた終盤の後半38分、思うようにプレーできずイライラが募っていたのか、ロナウドはマークについていたDFエジマールの足を蹴ってしまいます。








もちろんこの行為に対する主審の判定はレッドカード。同点のまま一発退場を言い渡されました。







試合後、自身のTwitterを更新したロナウドは「今日のゲームでの軽率な行為を、全ての人、特にエジマールに謝罪する」とツイート。反省の弁を述べていました。




試合ハイライト




ハイライト(リーガ公式)






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ