【動画】シュート直後にベイルがゴール…C.ロナウドの不満そうなリアクションが話題に

リーガ第27節、ホームでレバンテと対戦した2位レアル・マドリード。試合はギャレス・ベイルの2ゴールで2-0で勝利し、前節首位の座を明け渡したバルセロナとの勝ち点差を1のままとしました。



この試合の1点目となったシーンでのクリスティアーノ・ロナウドの不満そうなリアクションが話題になっているようです。



スポンサードリンク







話題になっているのは前半18分の先制点のシーン。右サイドのベンゼマのクロスにバイシクルで合わせたロナウドのシュートが相手DFにライン上でクリアされたものの、こぼれ球を拾ったベイルが蹴り込んで先制ゴールを決めます。しかしこの時のロナウドの反応はと言うと・・・








シュートがクリアされた瞬間に一度、さらにベイルのゴールが決まった直後にも左手を挙げて不満そうなリアクション。




メディアでは不仲が噂される2人なだけに、このロナウドの不満そうなリアクションが大きな話題を集めているようですが、これは単にシュートミスを悔しがっているようにも取れます。また、ロナウドのシュートの軌道を変えてベイルが2点目を奪った直後は互いに抱き合って得点を喜ぶシーンも見られました。




以前、カシージャスのミスに不満そうなジェスチャーをしてメディアの矢面に立ったロナウドですが、再びチームメイトとの確執が囁かれることに。スーパースターとなると一挙手一投足が注目されることの証でもあるのでしょうね・・・


試合ハイライト






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ