【小ネタ】8秒で55m、タッチ数は6回…国王杯決勝のベイルの独走ゴールを画像で見ると面白い件

16日に行われたクラシコ対決となったスペイン国王杯「コパ・デル・レイ」の決勝で50mの独走ゴールを決めて世界中で称賛の嵐を浴びているギャレス・ベイルですが、そのゴールを画像で見てみると色々と面白かったのでちょっとまとめたいと思います。


スポンサードリンク









1. 距離:55m、時間:8秒、加速:25、タッチ:6回



ベイルのゴールをデータで見た場合こうなります、という画像。加速と言うのが良くわかりませんが、静止画で見ると余計スゴい!

2. ゴール後のジャンプもスゴい





ゴール後の喜びのジャンプが高い!!やはり身体能力がずば抜けてます。


3. その時ピッチサイドでは…




マルク・バルトラがベイルにぶち抜かれる直前のシーン。ピッチサイドからはバルセロナのヘラルド・マルティーノ監督が必死の形相で指示を送っています。セリフをつけるなら「止めろ!」かな?





4. 決勝ゴールを挙げ喜ぶベイルの後ろにバルササポーター




スーパーゴールを決めて雄たけびを挙げ喜ぶベイルの後ろに、そのベイルに向かって中指を立てるバルササポーターたち。何かシュールですw


5. その時ロナウドは・・・




「信じられない」と言った表情で大喜び。やはり自分が欠場した試合で負けるのは一番悔しいはずなので、終盤にベイルのゴールが決まって相当嬉しかったんでしょうね。


おまけ: スーパーサイヤベイル




・・・ノーコメントでヽ(゚ω゚ )




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ