【動画】熱烈すぎ!メッシファンの男性、背中に”MESSI 10″のタトゥーを入れ本人に披露!

アルゼンチン代表の10番を背負い、キャプテンとしてチームをブラジル・ワールドカップの準優勝に導いたリオネル・メッシ。




チームの優勝を第一に考えていた本人は大会MVPの受賞にも浮かない表情を見せていましたが、世界最高と称されるそのドリブルテクニックはワールドカップの舞台でも際立っており、大会では4ゴール1アシストを記録。その力強いプレーで世界中のサッカーファンを虜にしました。




世界中に多くのファンを抱えるそんなメッシですが、この度、ある男性ファンの熱烈なサポートぶりに感激する出来事があったようです。




スポンサードリンク






まずはこちらの映像をご覧ください。





最初に出てくるのは、男性が背中に大きなタトゥーを入れているシーン。メッシのアルゼンチン代表ユニフォームを再現するために背番号とネームを自らの背中に刻み込んだこの男性こそ、今回話題になった熱烈なメッシファンのエルナン・バイゴリア(Hernán Baigoria)さん。確証はありませんが、おそらくアルゼンチン出身のお方だと思われます。





彼はこの自慢のメッシタトゥーを披露するため、何とメッシ本人に会いに行ったんだとか。映像では0:35~よりその様子が伺えます。


撮影された場所など詳細はわかりませんが、実際にメッシ本人に直撃したバイゴリアさんは念願のツーショット写真を撮り、ユニフォームとボールにサインを貰うと、自らの背中に刻まれた自慢のタトゥーを披露。背中のタトゥーと写真を撮ってくれたメッシ本人も嬉しそうな表情を見せていました。





バイゴリアさんはInstagramにもこの当時の感激の場面を動画で公開。





キャプションには憧れのスター選手に会えた感動を綴っていました。


また、メッシも自身のFacebookページでこの時の様子を画像で紹介。やはり熱烈なファンのサポートぶりに感激していたんでしょうね(*゚∀゚)っ





ここまで選手に愛情を捧げられるファンには尊敬の念さえ感じますわ・・・実際僕も本田圭佑や香川真司を応援していますが、さすがに背中にタトゥーを入れて実際に会いに行こうとは絶対思わないですしね (ノ∀`)


また、プライベートな時間にもかかわらずこうしてファンに対してしっかりと対応してくれたメッシもさすが。こういうファンサービスは選手にとっては負担が大きいこともあるでしょうし、世界で最も有名なサッカー選手のひとりのメッシならなおさらでしょうが、しっかりと丁寧な対応を見せてくれていました。


やはり南米の国はサッカーに対する情熱が一味もふた味も違うんだなと感じさせてくれるエピソードでしたとさ。





スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ