【動画】ギャンガンDFアングア、味方GKに退場を宣告する主審からレッドカードをはたき落す暴挙に

9月27日に行われたリーグ・アン第8節のモンペリエvsギャンガンの一戦にて、退場をめぐって起こった珍場面があったようです。


スポンサードリンク






珍場面は1‐1で迎えた後半42分、ホームのモンペリエのコロンビア人FWビクトル・モンターニョが勝ち越しゴールを奪った直後に起こります。


勝ち越しを許したギャンガンのマリ代表GKママドゥ・サマサはゴール直後、直前のプレーで味方DFがファールを受けたとフィリップ・カルト主審に抗議。その際に暴言を吐いたためか、カルト主審はサマサに退場を宣告しようとレッドカードに手を伸ばします。するとそこへ近づいてきたコートジボワール代表経験のあるDFベンジャミン・アングアがとんでもない行動に・・・











何とアングアは主審が手にしたレッドカードをはたき落そうとする暴挙に。カードを落としたカルト主審でしたが、拾い直した直後にサマサに退場を言い渡しました。


とんでもない行動に出たアングアでしたが、驚くべきことにカルト主審から警告は出されず。もしかするともう一度カードの提示を邪魔されたくなかったから? (ノ∀`)


ちなみに敗れたギャンガンはこれで公式戦4連敗を喫し、リーグ最下位。今シーズンわずか2勝のみに留まっているようです。


試合ハイライト





スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ