【小ネタ】合宿中のロッベン「ビリヤード中にワニに噛まれた」→不可解すぎると話題に→実はジョークだった

バイエルン・ミュンヘンのオランダ代表FWアリエン・ロッベンがビリヤード中にワニに噛まれるという謎すぎるニュースが伝えられています。ドイツ紙『ビルト』が報じたニュースを日刊スポーツも伝えています。

ソース: あり得ん!ロッベン合宿でワニに噛まれる – ブンデスリーグニュース : nikkansports.com





スポンサードリンク







状況が読み込めない不可解な事件・・・?



記事によれば、カタールでのチーム合宿中のロッベンは「ビリヤードで遊んでいたんだ。穴からボールを取り出そうとしたら、ワニがかみついてきたんだ」と語り、チームメイトたちとビリヤードを楽しんでいた時にワニに左手を噛まれたことを明かしていたようです。





実はジョークだったというオチ



しかしイギリスの『Daily Mail』やアメリカ『ESPN』などが伝えたところによると、実はロッベンの左手の負傷はトレーニングルームでウエイトトレーニングの最中に起きたもので、ワニに噛まれたのは冗談だった、とのこと。




まさかのジョークというオチでしたが、ロッベンの負傷は幸い大事には至らず、練習に支障はないとのこと。




左手に包帯を巻いてはいるものの、トレーニングマッチにも出場しているようですし、軽傷で何よりです(*゚∀゚)っ




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ