【動画】芸術的!ブレーメンFWがマインツ戦で見事なオウンゴール…岡崎フル出場のマインツは快勝(タッチ集もあり)

4月12日に行われたブンデスリーガ第30節、日本代表FW岡崎慎司が所属するFSVマインツ05がヴェルダー・ブレーメンと対戦し、ホームで3-0の勝利を飾りましたが、その試合で先制点となったブレーメンFWのオウンゴールが芸術的すぎたのでご紹介します。


スポンサードリンク






そのゴールがこちら。




相手のコーナーキックの際に自陣ペナルティエリア内に戻って守備をしていたニルス・ペテルセンは、自らが守るエリアにボールが飛んでくるとクリアを試みるも、右足に上手くヒットしなかったボールは綺麗な弧を描き自らのゴールネットへ・・・

ブンデスリーガの公式YouTubeチャンネルで「The Best Own Goal of the Season(今シーズンのベストオウンゴール)」とされたこのゴール。ペテルセンはしばらくコーナーキックの守備の時はトラウマが蘇ってくるかもしれません・・・(´・ω・`)

試合はその後も2ゴールを追加したマインツが3-0でブレーメンに快勝。なお、岡崎慎司はフル出場を果たし勝利に貢献しています。

試合ハイライト



岡崎慎司タッチ集






スポンサードリンク



↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ