【小ネタ】バイエルンGKノイアーがまた珍プレー!右SBの位置でヘディング2連発&ダイビングヘッドでクリア

29日に行われたブンデスリーガ第13節、アウェーでヘルタ・ベルリンと対戦したバイエルン・ミュンヘン。試合はアリエン・ロッベンの決勝ゴールで1-0で勝利し、リーグ戦4連勝を飾りました。





この試合でヘルタ攻撃陣を無失点に抑えた守護神GKマヌエル・ノイアーの珍プレーがまたまた話題になっています。



スポンサードリンク






まずはこちら。




自陣右サイド深くへのロングフィードを処理するために飛び出したノイアーは相手FWを手玉に取るようにヘディングで見事なかわしを披露。



さらにノイアーは相手のロングフィードに対し、果敢な飛び出しからダイビングヘッドでクリアするシーンも。




このGKらしからぬ珍プレーの連発に、バイエルン公式Twitterも「マヌ(ノイアーの愛称)、まるでリベロだ!」とのツイートしておりました(*゚∀゚)っ





なお、ヘルタ・ベルリンの細貝萌はフル出場、原口元気は後半31分からプレーしています。


試合ハイライト







スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ