【小ネタ】なぜそこに?バイエルンGKノイアーのポジショニングがやっぱりおかしい

ブンデスリーガ第24節、アウェーでのハノーファー96戦で3-1と逆転勝利した王者バイエルン・ミュンヘン。



ハノーファーMF清武弘嗣に先制ゴールを許したGKマヌエル・ノイアーは後半途中、もはや恒例とも言える果敢な(無謀な?)飛び出しを見せていたようです。


スポンサードリンク







話題になっているのは、1-1で迎えた後半6分、ハノーファーGKのパントキックがバイエルンのDFラインの裏へ出たシーン。バトシュトゥバーがボールを処理しようとした所、なぜか後方から猛スピードで迫りくる影が・・・






“いつものように”常識離れした守備範囲をしっかりカバーリングしていたようですが、全く必要のない飛び出しでボールに触れたノイアー。しかし逆に相手FWに詰められてあわやピンチのひやりとするシーンを演出してしまい、思わずバイエルン公式Twitterも画像付きのツイート。






ここまで来るともはや頼もしいのかも?


おまけ シャビ・アロンソのフリーキックゴール




試合ハイライト






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ