史上最速での連覇を決めたバイエルン・ミュンヘンの今季の成績がズバ抜けすぎて笑えると俺の中で話題に

3月25日のブンデスリーガ第27節のヘルタ・ベルリン戦に勝利し、7試合を残して史上最速のブンデスリーガ優勝を決めたバイエルン・ミュンヘンの今シーズンの成績が改めて見るとズバ抜けすぎていてもはや笑えてきたのでちょっと紹介したいと思います。なお記録等はすべて以下のサッカーキングの記事を参照しています。



スポンサードリンク











史上最速でのブンデスリーガ制覇



まず忘れてはいけないのは今回のブンデスリーガ優勝が7試合を残した時点での最速であること。昨シーズンの優勝も当時の史上最速となる第28節終了時点での達成でしたが、それを1試合塗り替える記録となりました。



今シーズンリーグ戦無敗・リーグ戦19連勝



そして何といっても今期はリーグ戦で一度も負けていないということ。第27節を終えた時点で25勝2分けの勝ち点77と、ここまで驚異の無敗をキープしています。


昨シーズンから続く無敗記録は52に



さらに昨シーズンから続くリーグ戦での無敗記録も52と言うとんでもない数字に。ちなみにブンデスリーガ記録を大幅に更新しているこの記録は、ヨーロッパ5大リーグの中ではミランが1991年から1993年に樹立した58試合に次いで、2番目の記録とのことです。これはもう凄いとしか言いようがないですねw


連続得点記録もバルサに並ぶ



また、連続得点記録は64試合まで伸ばし、国内記録を更新中とのこと。さらにこれはバルセロナが2012-2013シーズンに達成した記録と並ぶものだそうな。



さらに今シーズン達成可能な記録が多数



それだけに留まらず、ペップ・バイエルンは今シーズン終了までに新たな記録達成の可能性も多数残しているとのこと。ブンデスリーガ史上初の無敗優勝、ホームゲーム全勝、シーズン最多勝ち点、シーズン最多得点などなど…あり過ぎてもう笑えてきたので詳細は記事をチェックしてくださいなヽ(゚ω゚ )



やはりペップのサッカー哲学は世界最高なのかもしれない・・・







スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ