【動画】マインツ岡崎が今季5点目、フランク長谷部はアシスト!日本人対決はドロー決着

9月23日に行われたブンデスリーガ第5節、フランクフルトvsマインツの試合は2-2の引き分けに終わっています。


フランクフルトの日本代表MF長谷部誠、乾貴士、マインツの日本代表FW岡崎慎司は共に先発フル出場を果たし、長谷部は1アシスト、岡崎は1ゴールを記録しています。


スポンサードリンク







※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

フランクフルト 2 – 2 マインツ


得点者: 

前半41分 ヨナス・ホフマン[マインツ]
前半44分 岡崎慎司[マインツ]
前半46分 アレクサンダー・マイアー[フランクフルト]
後半37分 ハリス・セフェロヴィッチ[フランクフルト]



試合ハイライト



ミドルハイライト



Eintracht Frankfurt 2-2 Mainz (Highlights & All… 投稿者 Bundes_Liga


ロングハイライト&長谷部・乾・岡崎プレー集





岡崎が5戦5ゴール目、長谷部も1アシスト!



日本人対決となったフランクフルトとマインツの対戦は互いに2点を奪い合いドローに終わりました。


この試合まず見せたのは4試合4ゴールと好調の岡崎慎司!




1点をリードした前半44分、ロングボールに反応すると相手DFに競り勝ちドリブルで持ち込み、上手くタイミングを外したシュートで今季5点目をマークしました。相手との競り合いで目尻を切って出血しながらも、ひるむことなく果敢にゴールを目指したことが実りました。


さらにホームのフランクフルトも意地を見せます。中盤から細かいパスつなぎで乾、ルーカス・ピアゾン、長谷部とつなぐと、長谷部のスルーパスに抜け出したアレクサンダー・マイアーが1点を返します。



その後も前線からひたすらプレスをかけ続け、ひたむきにゴールを目指した岡崎が何度もチャンスに顔を出し、PKを獲得したかに思えたシーンもありましたが、残念ながらこれは直前のプレーがファールとなり無効に。


試合は終了間際にセットプレーからハリス・セフェロヴィッチがヘディングを決め、2-2の引き分けに終わっています。


この試合は1ゴールを決めた岡崎の活躍はもちろんのこと、アシストを決めた長谷部も中盤で相手の攻撃の芽を摘むいぶし銀の動きを随所に見せていましたし、乾も前半にルーカス・ピアゾンの折り返しから決定機を迎えたりと、何度もボールに絡んでチャンスを作っていました。特に乾はいい動きを見せているだけに、早く結果が欲しいところ!


日本人対決ということもありましたが、両チームともに面白い攻撃を展開し点も多く入った面白い試合でした( ゚∀゚)




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ