【動画】フル出場の香川、バー直撃シュートも得点ならず…酒井高のシュトゥットに終盤追いつきドロー(タッチ集あり)

9月24日に行われたブンデスリーガ第5節、ボルシア・ドルトムントvsシュトゥットガルトの試合は2-2の引き分けに終わっています。ドルトムントの日本代表MF香川真司、シュトゥットガルトの日本代表DF酒井高徳はともにフル出場しています。


スポンサードリンク






※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

ボルシア・ドルトムント 2 – 2 シュトゥットガルト


得点者: 

後半03分 ダニエル・ディダヴィ[シュトゥットガルト]
後半23分 ダニエル・ディダヴィ[シュトゥットガルト]
後半28分 ピエール=エメリク・オーバメヤン[ドルトムント]
後半41分 チーロ・インモービレ[ドルトムント]



試合ハイライト



ミドルハイライト


Goals Highlights BVB Dortmund vs VFB Stuttgart… 投稿者 lancepremium



香川・酒井高フル出場!香川はクロスバー直撃もゴールならず・・・



20日の第4節から中3日で行われたこの試合、ドルトムントの香川真司とシュトゥットガルトの酒井高徳が揃って先発フル出場を果たしましたが、互いに2点を奪い合い引き分けに終わりました。


前半を少しだけ見ていた印象では、ポゼッションしながら攻め込むドルトムントに対し、シュトゥットガルトがしっかりとブロックを作って守り、奪ってから縦に早いカウンターを狙う、という展開だったように感じました。この守備を徹底するシュトゥットガルトに対してドルトムントは攻めあぐね、香川も厳しいマークを受けていました。


しかしそれでも積極的にボールに絡んだ香川は前半33分、裏に抜け出して相手GKの頭上を越すループシュートを放ったものの、ボールは惜しくもクロスバーを叩き得点とはなりませんでした。




その後も後半に惜しいヘディングシュートを放つなど、何度もチャンスに顔を出しますが得点はならず。一方の酒井高徳はスピードのあるドルトムント攻撃陣に対して手を焼いていた印象。しかし何度も迎えた香川とのマッチアップでは激しい競り合いを見せていました。


試合は2点を先行したシュトゥットガルトに対し、終盤にオーバメヤンとインモービレのゴールで何とかドルトムントが追い付きましたが、ブンデスリーガは上位も下位もなかなか接戦で面白いですな(*゚∀゚)っ


香川真司タッチ集






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ