【動画】ついに連敗脱出!香川先発のドルトムントが相手OGで8戦ぶり勝利(タッチ集あり)

11月9日に行われたブンデスリーガ第11節、ボルシア・ドルトムントvsボルシア・メンヘングラートバッハの試合は1‐0でドルトムントが勝利しています。日本代表MF香川真司は先発出場し後半途中までプレーしています。


スポンサードリンク






※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

ボルシア・ドルトムント 1 – 0 ボルシア・メンヘングラートバッハ


得点者: 

後半13分 クリストフ・クラマー[ボルシアMG]



試合ハイライト





ロングハイライト





香川真司タッチ集




ドルトムントがついに連敗脱出!8戦ぶり勝利にクロップ監督も雄たけび(*゚∀゚)っ



5連敗で一時的にリーグ最下位にも沈んだドルトムントでしたが、この試合で8試合ぶりの勝利を挙げました。これにはクロップ監督もこの雄たけび!



先発し後半28分までプレーした香川はトラップミスが目立ったものの、ワンタッチプレーや素早いターンなどでらしさを見せていました。ただ以前に比べ無難なプレーを選択する傾向があるように見えるのが気になるところ。ボールを持ってもパスを考えているうちは相手にとって怖い存在にはなっていない気が・・・


何にしてもこれでようやく負の連鎖を断ち切れたので、ここからチーム状況を立て直してほしいものです。



スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ