【画像】ウェールズ代表にものすごいヒゲを蓄えた選手がいるとちょっとした話題に


同国史上初のEUROを戦うウェールズ代表にものすごいヒゲを蓄えている選手がいるとちょっとした話題になっています。




スポンサードリンク







その選手とは16番のMFジョー・レドリー。プレミアリーグのクリスタル・パレスに所属する29歳で、プレミアファンにはおなじみの選手かも知れません。



スペイン代表DFセルヒオ・ラモスやアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディらに代表されるように、立派なヒゲを蓄えているサッカー選手たちも多い中、レドリーも一見して分かるように、立派過ぎるあごヒゲがインパクト抜群のルックス。もはや顔の面積の半分以上を占めているんじゃないかと思えるくらい・・・



音楽の教科書に出てきそう・・・









ちなみに本戦出場を決めた直後にはレドリーの”ヒゲダンス”も話題になっていたようです。





1-2と接戦の末に敗れたイングランド戦の途中、負傷交代していたレドリー。




実はEURO本番のわずか6週間前に骨折していながら、驚異的な回復で間に合わせたということで、不屈の精神で第3戦のロシア戦での復帰を期待したいところです。




スポンサードリンク




↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ