【動画】歴史に残る一撃!”魔球”フリーキック弾を突き刺したベイル、EURO初出場のウェールズに初勝利もたらす

UEFA欧州選手権(EURO2016)グループステージ第1節、ウェールズ代表vsスロヴァキア代表の試合でウェールズのFWギャレス・ベイルが直接フリーキックで同国史上の大会初ゴールをマークしました。






スポンサードリンク







悲願のEURO初出場を決め、ついに歴史に残る初戦を迎えたウェールズ代表。スロヴァキアを迎えたこの試合の前半10分、ゴール前でのフリーキックのチャンスが訪れます。蹴るのはレアル・マドリードで世界有数の攻撃陣の核をなし、破壊力抜群の左足を誇るFWベイル。





左足の強烈FK弾が炸裂!


勢い良く振り抜いた左足から放たれたシュートは急激にドロップ!相手GKの逆をついてネットに突き刺さり、先制ゴールを挙げました。




EURO初出場のウェールズにとってこのゴールはもちろん同国史上大会初ゴール。さらに主要国際大会において1958年のW杯スウェーデン大会以来、実に58年ぶりとなる得点となり、まさに歴史を切り開く一撃となりました。


その後、スロヴァキアに一時は同点に追いつかれたものの、試合終盤にFWハル・ロブソン・カヌのゴールで勝ち越したウェールズ。EURO初戦で歴史的な初勝利を挙げました。


試合ハイライト






スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ