【画像】EURO代表落選のドリンクウォーターと選出のウィルシャーの今季の成績を比較すると…

EURO2016に挑むイングランド代表メンバーが発表され、代表候補の26人から最終登録の23人が決まりました。



今季のプレミアリーグで大躍進を見せたレスター・シティから選出されていたFWジェイミー・ヴァーディーは最終登録メンバーに残ったものの、同じく候補メンバーに選ばれていたMFダニー・ドリンクウォーターは最終登録メンバーから落選。一方で選出されたアーセナルのMFジャック・ウィルシャーとの今季の成績比較が話題になっていました。




スポンサードリンク







比較した画像がこちら。




今季成績: ウィルシャー vs ドリンクウォーター


出場試合: 3試合 vs 35試合

出場時間: 141分 vs 3038分

ゴール数: 0 vs 2

アシスト: 0 vs 7

タックル: 3 vs 106回

インターセプト: 2 vs 55回



ウィルシャーは怪我で出場がわずか3試合だったこともあり、歴然な差があることが分かります。

さらにこんなネタも・・・




ドリンクウォーター

出場時間: 3039分

アシスト: 7

タックル: 106回

インターセプト: 55回

(シュート)ブロック: 57回

獲得タイトル数: 1



ウィルシャー

出場時間: 141分

アシスト: 0

吸ったタバコ: 273本

バーで喧嘩: 1回


怪我: 1回

U21チームでのゴール数: 1

獲得タイトル数: 0




こちらは同じく選ばれたMFジョーダン・ヘンダーソン、MFジェームズ・ミルナーとの比較も。




数字だけを見ると明らかに今シーズンの成績で圧倒的にウィルシャーらを上回るドリンクウォーター。ファンの間では怪我で万全でないウィルシャーやヘンダーソンを選びながらドリンクウォーターを落選させたロイ・ホジソン監督の決定に批判も集まっているようです。




6月10日にフランスで開幕するEURO2016。新星のFWマーカス・ラッシュフォードやFWハリー・ケイン、MFデレ・アリなど若手の台頭著しいイングランドの躍進ははたして・・・ 




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ