【CWC】レアルが大量4ゴールでクルス・アスルに大勝!破竹の公式戦21連勝でクラブW杯決勝進出

モロッコで開催されているFIFAクラブ・ワールドカップは16日に準決勝が行われ、北中米カリブ海王者のクルス・アスルとヨーロッパ王者のレアル・マドリードが対戦。試合は圧倒的な攻撃力を見せたレアル・マドリードが4-0で勝利し、決勝進出を決めました。




スポンサードリンク







※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

クルス・アスル 0 – 4 レアル・マドリード


得点者: 

前半15分 セルヒオ・ラモス[レアル・マドリード]
前半36分 カリム・ベンゼマ[レアル・マドリード]
後半05分 ギャレス・ベイル[レアル・マドリード]
後半28分 イスコ[レアル・マドリード]



セルヒオ・ラモスの先制ゴール




カリム・ベンゼマの2点目




ギャレス・ベイルの3点目




イスコの4点目





試合ハイライト




ヨーロッパ王者が圧巻の快勝劇!



アルメリア戦から中4日のタイトスケジュールながら、今季絶好調のレアルが圧巻の快勝劇を見せてくれました。


レアルはベンゼマ、ベイル、イスコら自慢の攻撃陣が爆発し4ゴール。エースのクリスティアーノ・ロナウドはゴールこそならなかったものの2アシストと好調を維持。これで実に公式戦21連勝を飾っています。



順当に行けばこのまま世界一の称号を手にするであろうレアル。決勝は20日、オセアニア王者のオークランドシティと南米王者サン・ロレンソの勝者と対戦します。




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ