【動画】バティ越え!メッシ、アメリカ戦で芸術フリーキック弾突き刺し代表通算55得点!歴代1位に

コパ・アメリカセンテナリオUSA2016の準決勝、アメリカ代表vsアルゼンチン代表の試合でアルゼンチンのFWリオネル・メッシが代表通算55得点目となるフリーキック弾を決めました。



スポンサードリンク







開催国アメリカとの対戦となったこの試合、1-0でリードした前半32分にゴールやや左、28mほどの位置からアルゼンチンがフリーキックのチャンスを得ると、キッカーはもちろんメッシ。









ゴール隅への鮮やかな一撃!



壁のあるニアサイドではなく、あえてGKが立っているフォアサイドを狙った鋭いシュートは美しいカーブを描きここしかないというコースへ。




このゴールが代表通算55得点となり、54得点で並んでいたかつての名ストライカー、FWガブリエル・バティストゥータ氏の記録を抜いて歴代最多得点の記録を樹立しました。


6月24日に29歳になったばかりのメッシだけに、これからのキャリアを考えると、とんでもない記録・・・





4-0で大勝したこの試合では全ゴールに絡む活躍を見せたメッシ。ひげを蓄え、貫禄を増した世界最高のプレーヤーが母国に23年ぶりのコパ・アメリカのタイトルをもたらしてくれることでしょう。


試合ハイライト







スポンサードリンク




↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ