【動画】余裕ありすぎ…途中出場のメッシ、いとも簡単にボリビアGKを股抜き

南米選手権、コパアメリカセンテナリオUSA 2016のグループリーグ第3節、アルゼンチン代表vsボリビア代表の試合でアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが魅せたスキルが話題になっています。



スポンサードリンク







先日のパナマ戦で途中出場からのハットトリックを記録したメッシはこの試合はベンチスタート。前半でエリク・ラメラ、エセキエル・ラベッシらのゴールで3点をリードすると、アルゼンチンは後半開始からメッシを投入します。



すると後半32分、中央からのスルーパスに抜け出したメッシは寄せてきたGKよりも先にボールにタッチしてかわすと・・・









いとも簡単にボリビアGKの股間を抜く小技を披露!実はメッシはオフサイドポジションにおり、このプレーの前に主審の笛が鳴っていたためプレーは途切れていたものの、それにしても余裕ありすぎ・・・




ゴールこそなかったものの、貫禄のプレーを見せたメッシ。アルゼンチンは3戦全勝のグループ1位で決勝トーナメントに進出しています。


試合ハイライト






スポンサードリンク




↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ