【W杯G組】ミュラーの今大会4点目で勝利したドイツが首位通過…敗れたアメリカも2位でベスト16入り

6月26日にワールドカップ・ブラジル大会のグループリーグ第3節が行われ、グループGではアメリカ代表vsドイツ代表の試合が行われました。

試合はトーマス・ミュラーが決勝点を挙げたドイツが1-0で勝利しました。

この結果、ドイツが2勝1分けの勝ち点7でグループ首位通過を決めています。また、敗れたアメリカは同時刻キックオフの試合に勝利したポルトガルと勝ち点4で並んだものの、得失点差で上回り2位で決勝トーナメントに進出しています。




スポンサードリンク








※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

アメリカ 0 – 1 ドイツ


得点者: 

後半10分 トーマス・ミュラー[ドイツ]





試合ハイライト




ロングハイライト





ミュラーが今大会4点目でドイツ勝利、敗れたアメリカも突破!



ここまで1勝1分けの勝ち点4で並ぶ両チームの対決は、トーマス・ミュラーが今大会4点目を挙げたドイツが勝利しました。

引き分けでも両チームの勝ち抜けが決まる一戦でしたが、互いに勝利を目指して熱い試合を繰り広げていました。ミュラーのゴールは技ありシュートでしたね!




特に印象的だったのはドイツのレーヴ監督。同じドイツ人のアメリカ代表監督クリンスマンとの引き分け協定を結んだと疑惑の声があったからかは分かりませんが、この試合にかなりの気合を入れていたようで、大雨にさらされずぶ濡れになりながらもピッチサイドでチームを鼓舞する姿はめちゃくちゃアツかったですヽ(゚ω゚ )



ヨーロッパ勢が苦戦している今大会でオランダと並んでドイツはかなり好調のようなので、決勝トーナメントも期待できますね!


1位通過のドイツは決勝トーナメント1回戦でグループHの2位アルジェリアと、2位通過のアメリカは同グループ1位のベルギーと対戦します。



スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ