【W杯D組】大波乱の幕開け!スアレス欠場のウルグアイ、”伏兵”コスタリカに後半3失点でまさかの逆転負け

ワールドカップブラジル大会のグループリーグ第1節が6月14日に行われ、グループDではウルグアイ代表vsコスタリカ代表の試合が行われました。

試合は1点を先行されながら後半に3得点したコスタリカがウルグアイに3-1と逆転勝利しています。


スポンサードリンク






※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

ウルグアイ 1 – 3 コスタリカ


得点者: 

前半24分 エディンソン・カバーニ[ウルグアイ]
後半09分 ジョエル・キャンベル[コスタリカ]
後半12分 オスカル・ドゥアルテ[コスタリカ]
後半39分 マルコ・ウレーニャ[コスタリカ]



試合ハイライト


ロングハイライト




伏兵コスタリカ、前回大会4位のウルグアイ撃破の大番狂わせ!



イタリア、イングランド、ウルグアイとW杯優勝国が3か国も揃った「死の組」グループCの初戦は大波乱の幕開けとなりました。

前半27分に獲得したPKをカバーニがきっちり決めて先制したウルグアイでしたが、後半巻き返したコスタリカに3失点を許し、まさかの逆転負け。後半アディショナルタイムにはペレイラが一発退場となりましたし、後味の悪い敗戦となりました。やはり欠場したスアレスの不在が響く結果となったのか・・・(´・ω・`)

それにしてもコスタリカがジャイアントキリングを起こすとは思っても見ませんでした!正直、このグループはコスタリカが断トツの最下位だろうと踏んでいたので・・・

それを考えるとテストマッチでコスタリカから3得点のザックジャパン強いんじゃね?と思うんですが・・・まあそれは直前に迫ったコートジボワール戦で証明してくれることでしょう(*゚∀゚)っ




スポンサードリンク




↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ