【W杯E組】途中出場2選手で土壇場逆転劇!采配ピタリのスイス、エクアドルに逆転勝利

6月15日にワールドカップ・ブラジル大会のグループリーグ第1節が行われ、グループEではスイス代表vsエクアドル代表の試合が行われました。

試合は先制されながらも交代選手が2ゴールを奪ったスイスが2-1と逆転勝利しています。


スポンサードリンク






※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

スイス 2 – 1 エクアドル


得点者: 

前半22分 エネル・バレンシア[エクアドル]
後半03分 アドミール・メーメディ[スイス]
後半48分 ハリス・セフェロヴィッチ[スイス]



試合ハイライト




ロングハイライト



ヒッツフェルト監督の采配ズバリのスイスが見事に逆転勝利!



セットプレーからエクアドルに先制ゴールを奪われる苦しい立ち上がりとなったスイスでしたが、オットマー・ヒッツフェルト監督は早速ハーフタイムにアドミール・メーメディを投入する采配を見せます。すると後半立ち上がりの3分にすぐさまこの采配がぴたりと当たり、コーナーキックからそのメーメディが同点ゴールを奪いました。

さらに後半終了間際にも途中交代でピッチに送り出したセフェロヴィッチがラストプレーで劇的な逆転ゴールを決めるなど、まさに監督采配がズバリ的中したスイスが見事な逆転劇を見せてくれましたヽ(゚ω゚ )

正直この試合は全然注目してなかったんですが、やはりワールドカップではどの試合も見ごたえがあって見逃せないんだなぁと改めて気づかされましたね・・・( ゚∀゚)

完全ノーマークだったスイスですが、前回大会でも初戦でスペインを破っていますし、次戦のフランスとの一戦も見ごたえありそうです!




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ