【W杯H組】韓国、退場者出したベルギーに敗れGL敗退…アジア勢は未勝利で終戦

6月26日にワールドカップ・ブラジル大会のグループリーグ第3節が行われ、グループHでは韓国代表vsベルギー代表の試合が行われました。

試合は退場者を出しながらヤン・フェルトンゲンが決勝点を挙げたベルギーが1-0で勝利しました。

この結果、ベルギーが3連勝でグループ首位通過を決めています。また、敗れた韓国は1分け2敗の勝ち点1でグループ最下位となり、未勝利でグループリーグ敗退となりました。




スポンサードリンク








※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

韓国 0 – 1 ベルギー


得点者: 

後半33分 ヤン・フェルトンゲン[ベルギー]





試合ハイライト




ロングハイライト







韓国は10人のベルギー相手に惜敗し敗退・・・アジア勢未勝利のまま姿消すことに



1分け1敗と決勝トーナメント進出のためには勝利が絶対条件の韓国に対し、2連勝で決勝トーナメント進出を決めているベルギーはスタメンを7人入れ替えて試合に臨みました。

大量得点を狙って前半から攻め立てる韓国は、前半終了間際にベルギーのスティーヴン・デフールが一発退場となり数的有利となります。しかし、守備ブロックを敷いて引いて守るベルギーゴールを破れずにいると、逆にフェルトンゲンに先制点を許すという最悪の展開に。

結局、10人のベルギー相手に最後までゴールを割れず、0-1の敗戦。

この結果、オーストラリア、日本、イラン、韓国のアジア勢は未勝利のまま大会を去ることになりました。これは実に6大会ぶりの屈辱なんだとか。



今大会はアジア勢は本当に全く勝てませんでしたね・・・アジア枠の減少も噂されていますし、もう少し頑張りたかったかな(´・ω・`)


首位通過を決めたベルギーは決勝トーナメント1回戦でグループGの2位アメリカと対戦します。




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ