【W杯準々決勝】GKクルル2本ストップ!苦しんだオランダがPK戦で辛勝…コスタリカは健闘むなしく力尽きる

7月5日にワールドカップ・ブラジル大会の準々決勝が行われ、オランダ代表vsコスタリカ代表の試合が行われました。

延長120分の末に0-0のままPK戦にもつれ込んだ試合は、延長後半終了間際に投入されたGKティム・クルルが2本のPKストップを見せたオランダがPK戦を4-3で勝利しました。

この結果、オランダが2大会連続のベスト4進出を決めています。





スポンサードリンク







※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

オランダ (4) 0 – 0 (3) コスタリカ


得点者: なし





試合ハイライト






ロングハイライト







コスタリカの守備に苦しんだオランダ、交代GKクルルのPKストップでベスト4!



これを死闘と呼ばずに何と呼ぶ!


圧倒的に前評判はオランダ有利の試合はまさに死闘と呼ぶべき凄まじい戦いになりました。


僕は後半からしか見ていないのですが、ロッベンやファン・ペルシー、スナイデルらを中心に圧倒的に攻めるオランダが5バックでガチガチに守備を固めるコスタリカのゴールを割れず、スコアレスのまま延長戦へ。

延長戦もオランダが一方的に攻める展開となりましたがGKケイロル・ナバスのセーブなどで神がかり的な守備を見せたコスタリカが最後まで耐え抜き、PK戦に持ち込まれました。


ここまで来たらコスタリカに勝ってほしかったですが、知将ファン・ハールはさすがでした。PK戦を見越し、GKヤスパー・シレッセンに代えてGKティム・クルルを投入すると、そのクルルが2本のPKセーブを見せて勝利を手にしました。



いやしかし敗れたコスタリカも本当に素晴らしい戦いぶりを見せてくれました!あの粘りは感動させられましたね・・・本当に見ごたえのある神試合でした!

オランダは準決勝でアルゼンチンと対戦します。




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ