【W杯決勝】ゲッツェが優勝弾!アルゼンチンとの死闘制したドイツ、24年ぶり4度目のW杯制覇

7月13日にワールドカップ・ブラジル大会の決勝戦が行われ、ドイツ代表vsアルゼンチン代表の試合が行われました。

スコアレスのまま延長戦にもつれ込んだ試合は延長後半にマリオ・ゲッツェが決勝点を挙げたドイツが1-0で勝利しました。

この結果、ドイツが24年ぶり4度目のW杯優勝に輝いています。



スポンサードリンク







※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

ドイツ 1 – 0 アルゼンチン


得点者: 

延長後半08分 マリオ・ゲッツェ[ドイツ]



ゲッツェ決勝ゴール




試合ハイライト





ロングハイライト







表彰式




ゲッツェの値千金決勝弾でドイツが24年ぶりの悲願達成!



24年ぶりの優勝を狙うドイツと、28年ぶりの優勝を狙うアルゼンチン。W杯の決勝の舞台で実に3度目となる因縁の対決となった決勝は、延長後半に生まれたマリオ・ゲッツェのスーパーゴールでドイツの4度目のW杯制覇で幕を閉じました!


立ち上がりから身体を投げ出すくらいの集中した守備を見せた両チームの対戦はまさに命懸けの戦い。「絶対に勝つんだ」という気持ちが前面に出た凄まじい激闘でした。


試合内容は割愛しますが、W杯の決勝にふさわしい本当に素晴らしい内容の試合でしたね・・・得点はわずかに1点のみでしたが、間違いなく大会ベストマッチと言えるでしょう。


ゲッツェの決勝ゴールはスーパーゴールすぎて思わず叫んでしまいました (ノ∀`)




敗れたアルゼンチンも凄まじい気迫でのプレーを随所に見せてくれましたし、最終的には一歩及びませんでしたが、優勝してもおかしくない戦いぶりでした。特にマスチェラーノの闘争心溢れるディフェンスは観てて熱くさせてくれましたね!


ただメッシが不発に終わったのは残念でしたね。ボールを持ったときはチャンスを作っていましたが、最後の最後で決めきれなかったのが敗因だったでしょうね。


試合後に大会MVPに選ばれたものの、その浮かない表情がやけに印象的でした。




優勝したドイツ代表、そして惜しくも準優勝に終わってしまったアルゼンチン代表にも心からおめでとうと言いたいですね!





そして改めて国も言葉も文化も肌の色も違う世界中の人々が一つになって熱狂できるサッカーというスポーツの素晴らしさを感じることが出来ました。


ワールドカップ、そして世界中のフットボールファミリーに感謝ですね。この1か月間、感動をありがとう!





スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ