【W杯決勝T1回戦】延長120分の激闘制したドイツ、アルジェリア下し16大会連続ベスト8進出!

6月30日にワールドカップ・ブラジル大会の決勝トーナメント1回戦が行われ、ドイツ代表vsアルジェリア代表の試合が行われました。

試合はスコアレスで延長戦にもつれ込み、アンドレ・シュールレ、メスト・エジルが2ゴールを奪ったドイツが2-1で勝利しました。ドイツは16大会連続でのベスト8進出を決めています。





スポンサードリンク








※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

ドイツ 2 – 1 アルジェリア


得点者: 

延長前半02分 アンドレ・シュールレ[ドイツ]
延長後半15分 メスト・エジル[ドイツ]
延長後半16分 アブデルモメヌ・ジャボ[アルジェリア]





試合ハイライト





ロングハイライト




ドイツが延長120分間の激闘制し16大会連続8強入り!



グループリーグを盤石の強さで勝ち上がったドイツと、同国初のW杯ベスト16入りを果たしたアルジェリアの一戦はまさに激闘となりました。

序盤は高いラインを保つドイツ守備陣の裏のスペースを積極的に狙うアルジェリアが何度もチャンスを作り、17分にはオフサイドで取り消されるもヘディングでネットを揺らすなど、ドイツゴールを脅かす展開となります。しかしGKマヌエル・ノイアーがスイーパー顔負けの飛び出しでピンチを救うと、徐々にドイツも攻勢に出ます。

しかし、JFL時代のFC琉球でもプレーしたアルジェリアのGKライス・エムボリがスーパーセーブを連発しドイツに得点を許さず、スコアレスのまま延長戦へ。

ここまで耐えに耐えてきたアルジェリアでしたが、延長前半の開始早々、交代で入ったアンドレ・シュールレが技ありヒールシュートでようやくドイツが先制点を挙げると、延長後半15分にもメスト・エジルがとどめの2点目。直後に意地の1点を返したものの、W杯では圧倒的な成績を誇るドイツを前に涙をのみました。


いやーほんと凄い試合だったみたいですね!前半はノイアー劇場、後半はエムボリ劇場と、両GKが大活躍だったようで。




特にスーパーセーブ連発のエムボリは敗れたのにもかかわらずMOMに選ばれたみたいですし、JFLでプレーしていたことを考えると勝手に誇らしく思えてきますね(*゚∀゚)っ




改めて起きれずにこの試合を生で観られなかった自分が情けない(´・ω・`)


ドイツは4日の準々決勝でフランスと対戦することになっています。これは楽しみ!




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ