【W杯決勝T1回戦】コスタリカ、退場者出すもPK戦死闘制し初のベスト8!ギリシャは土壇場同点弾も力尽きる

6月29日にワールドカップ・ブラジル大会の決勝トーナメント1回戦が行われ、コスタリカ代表vsギリシャ代表の試合が行われました。

試合は延長120分の末に1-1のままPK戦にもつれ込み、GKケイロル・ナバスがPKストップを見せたコスタリカがPK戦を5-3と勝利しました。

この結果、コスタリカが初のベスト8進出を決めています。一方のギリシャは初のベスト8進出ならず、決勝トーナメント1回戦で姿を消すことになりました。





スポンサードリンク








※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

コスタリカ (5) 1 – 1 (3) ギリシャ


得点者: 

後半07分 ブライアン・ルイス[コスタリカ]
後半47分 ソクラティス・パパスタソプーロス[ギリシャ]





試合ハイライト







ロングハイライト







最後まで目の離せない激戦はコスタリカに軍配!



オランダvsメキシコもそうですが、こちらも最後まで見ごたえ十分の凄い試合でした!

互いに堅守速攻のスタイルを貫き、前評判を覆す躍進を見せた両チームが激突したこの試合。後半にコスタリカがルイスのゴールで先制し、その後退場者を出しながらも守りを固めこのまま逃げ切るかと思われた終了間際、猛攻を仕掛けたまたもギリシャが劇的な同点ゴールを奪い延長に突入するなど、どちらも一歩も譲らない白熱した展開となりました。

120分間の激闘を終えても決着つかず、勝負の行方はPK戦にもつれこまれましたが、GKナバスがギリシャの4人目をストップしたコスタリカが死闘を制しました。


やっぱり最後に活躍してくれたのはコスタリカの守護神ケイロル・ナバスでしたね!





驚異的な瞬発力と反射神経の早さで素晴らしいセーブを見せ、この試合ではMOMにも選出されました。



一方のギリシャも相手が退場者を出してからは猛攻を仕掛け、後半終了間際には起死回生の同点ゴール。これには鳥肌でしたね・・・


4



延長戦も怒涛の攻撃を仕掛けたものの決めきれずにPK戦で力尽きましたが、それでも最後まであきらめない粘りで素晴らしい試合を見せてくれましたね!


決勝トーナメントに入ってからはますます熱戦となってますな・・・まだまだ寝れない日々が続きそうです(*゚∀゚)っ


勝利したコスタリカは準々決勝でオランダと対戦します。



スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ