【W杯D組】コスタリカがドローで「死の組」首位通過!イングランドは勝ち星なしで敗退

6月24日にワールドカップ・ブラジル大会のグループリーグ第3節が行われ、グループDではコスタリカ代表vsイングランド代表の試合が行われました。

試合は互いに決定機を欠き、0-0の引き分けに終わっています。

この結果、コスタリカはグループDの首位通過を決めています。一方、グループリーグ敗退が決まっていたイングランドは未勝利のまま大会を去ることになりました。





スポンサードリンク







※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

コスタリカ 0 – 0 イングランド


得点者: なし



試合ハイライト







ドローでコスタリカが死の組を首位通過!



すでにグループリーグ突破を決めていたコスタリカと、グループリーグ敗退が決まっていたイングランドの対戦は互いに決定機を迎えながら決めきれず、スコアレスドローに終わりました。

スタメンを9人も入れ替えて試合に臨んだイングランドは最後こそ意地を見せて勝利したかったところでしたが、攻勢に出るもコスタリカの堅守を崩せず。未勝利のまま大会を去る悔しい結果に終わりました。


改めて、W杯で優勝経験のある3か国を抑えて死の組の首位通過を決めたコスタリカは素晴らしいですね!やはり堅い守備からのカウンターという戦術をチーム全体で徹底していること、そしてハードワークが躍進のカギなんでしょうね。

日本も1か月前にはこのチームに勝っていたことを考えると、日本代表の敗退は悔しい限りです(´・ω・`)




スポンサードリンク



↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ