【W杯C組】激闘制したコロンビア、コートジボワール下し2連勝で決勝T進出へ大きく前進

6月19日にワールドカップ・ブラジル大会のグループリーグ第2節が行われ、日本代表と同じグループCではコロンビア代表vsコートジボワール代表の試合が行われました。

接戦となった試合はコロンビアがコートジボワールに2-1で勝利しています。


スポンサードリンク








※試合詳細は省略します。サッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

コロンビア 2 – 1 コートジボワール


得点者: 

後半19分 ハメス・ロドリゲス[コロンビア]
後半25分 フアン・キンテーロ[コロンビア]
後半28分 ジェルヴィーニョ[コートジボワール]




試合ハイライト




ロングハイライト





テンション高めの熱戦はコロンビアに軍配!



互いに第1戦で勝利し、グループリーグ突破に向けて第2戦でも勝ち点を奪いたい両者の対戦は立ち上がりからガチガチに体をぶつけてやりあう肉弾戦となりました。

前半はお互いにチャンスを迎えるも決定機を欠き、前半はスコアレスで折り返し。後半15分にコートジボワールは日本戦と同じようにベンチスタートだったチームの精神的支柱であるキャプテン、FWディディエ・ドログバを投入し勝負に出ますが、直後の後半19分、コーナーキックからドログバがマークしていたコロンビアの若き司令塔MFハメス・ロドリゲスに強烈なヘディングを叩き込まれ、コロンビアが先制します。




さらにコロンビアが後半25分にもカウンターから冷静に2点目を挙げ、これで決まりか・・・と思われましたが、直後の後半28分にジェルヴィーニョが個人技で突破し1点を返します。

DFを切り裂く見事なドリブルからのシュート



しかしコートジボワールの反撃もここまで、コロンビアが接戦を制して開幕2連勝を飾りました。

この試合、いわゆる”インテンシティ”の高い試合で本当に面白かった!

途中まで見て寝てしまったのですが、ボール際の攻防の激しさは本当に凄まじく、目が離せない展開でした( ゚∀゚)


この結果、キックオフ目前の日本はギリシャに勝つしかない状況になりました!とにかく、自分たちのサッカーを信じて貫いて戦い抜いてほしいと思いますヽ(゚ω゚ )



スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ