【W杯A組】初戦で判定に泣いたクロアチアが4発快勝!”内紛”勃発のカメルーンは2連敗で敗退決定

6月18日にワールドカップ・ブラジル大会のグループリーグ第2節が行われ、グループAではカメルーン代表vsクロアチア代表の試合が行われました。

試合はエースのマリオ・マンジュキッチの2得点などで4ゴールを奪ったクロアチアが4-0と勝利しています。敗れたカメルーンは2連敗となり、グループリーグ敗退となりました。


スポンサードリンク







※試合詳細は省略します。サッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

カメルーン 0 – 4 クロアチア


得点者: 

前半11分 イヴィツァ・オリッチ[クロアチア]
後半03分 イヴァン・ペリシッチ[クロアチア]
後半16分 マリオ・マンジュキッチ[クロアチア]
後半28分 マリオ・マンジュキッチ[クロアチア]



試合ハイライト


ملخص مباراة الكاميرون 0 – 4 كرواتيا | تعليق… 投稿者 ElFagrBrasil


ロングハイライト





クロアチアがエースの2ゴールで4発快勝!



初戦を落とし、グループリーグ突破には負けられない両チームの対戦は、開幕戦で西村主審のPK判定に泣いたクロアチアが4ゴールを奪う快勝を飾りました!

開始早々のオリッチのゴールで勢いに乗ると、後半立ち上がりにリードを広げ、さらに第1戦は出場停止だったエースのマンジュキッチが2ゴールの活躍で大勝し、グループリーグ突破に望みをつなぎました。マンジュキッチは点取り屋の仕事をきっちりやってくれましたね( ゚∀゚)


一方のカメルーンは、前半40分にバルセロナのアレクサンドル・ソングがマンジュキッチの背中を殴って一発退場となると、そこからチームの歯車が狂い、4失点の惨敗。





さらに終了間際にはDFベヌワ=アス・エコトが味方FWベンジャミン・ムカンジョに頭突きを食らわせる場面も。






もはやチームの内部崩壊とも言える状態でグループリーグ敗退が決まってしまったカメルーン。何とも後味の悪い終わり方となってしまいました(´・ω・`)


勝利したクロアチアは、次戦で決勝トーナメント進出を懸けてメキシコとの大一番を迎えます。これは激熱!( ゚∀゚)




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ