【W杯A組】GKオチョア大活躍のメキシコ、開催国ブラジル相手に得点許さず貴重なドロー

6月17日にワールドカップ・ブラジル大会のグループリーグ第2節が行われ、グループAではブラジル代表vsメキシコ代表の試合が行われました。

試合はブラジルが攻め込みながらも最後まで得点を奪えず、0-0の引き分けに終わっています。


スポンサードリンク







※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

ブラジル 0 – 0 メキシコ


得点者: なし



試合ハイライト


ロングハイライト




GKオチョアがビッグセーブ連発のメキシコが貴重な勝ち点1をゲット!



互いに初戦を白星で飾った両チームが対戦したこの試合、やはり地力で勝る開催国のブラジルが攻め込む展開となりました。

しかしここで大活躍を見せたのがメキシコのGKギジェルモ・オチョアでした。


前半25分のネイマールの強烈なヘディングシュートを右手一本で掻き出すと、チアゴ・シウヴァの決定的なヘディングも体に当てセーブするなど、最後までブラジル相手にゴールを割らせませんでした。








この試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出されたオチョアの活躍もあり、メキシコが貴重な勝ち点1をゲット。


一方のブラジルは、去年のコンフェデでは勝利したものの、2012年のロンドン五輪決勝で敗れた因縁の相手に雪辱は果たせず、痛み分けとなりました。


熾烈な2位争いが予想されるグループAですが、メキシコがブラジル相手に勝ち点をもぎとったのはかなり大きい!この流れでクロアチアとの直接対決に挑めれば結果は自ずとついてきそうですヽ(゚ω゚ )



スポンサードリンク



↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ