【W杯準決勝】ブラジル、歴史的惨敗…クローゼのW杯通算16点目含む7得点のドイツが決勝進出

7月8日にワールドカップ・ブラジル大会の準決勝が行われ、ブラジル代表vsドイツ代表の試合が行われました。

試合は開催国のブラジル相手に7点と大量得点したドイツが7-1で勝利しました。

この結果、ドイツが準優勝した2002年の日韓大会以来、3大会ぶりの決勝進出を決めています。

一方のブラジルはW杯において同国史上最多失点での歴史的大敗を喫することになりました。





スポンサードリンク







※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

ブラジル 1 – 7 ドイツ


得点者: 

前半11分 トーマス・ミュラー[ドイツ]
前半23分 ミロスラフ・クローゼ[ドイツ]
前半24分 トニ・クロース[ドイツ]
前半26分 トニ・クロース[ドイツ]
前半29分 サミ・ケディラ[ドイツ]
前半11分 トーマス・ミュラー[ドイツ]
後半24分 アンドレ・シュールレ[ドイツ]
後半34分 アンドレ・シュールレ[ドイツ]
後半45分 オスカル[ブラジル]





試合ハイライト






ロングハイライト








王国ブラジル、ホームで歴史的惨敗・・・



歴史的瞬間を目の当たりにすることになってしまいました。


母国開催での優勝が義務付けられていたブラジルはこの試合、エースのネイマールを負傷で、さらにキャプテンのチアゴ・シウヴァを出場停止で欠くなど、万全とは程遠い状態だったことが不安視されていましたが、それを無視しても有り余るほどの圧倒的大差をつけられての惨敗となってしまいました・・・

立ち上がりのブラジルの入り方は決して悪くなかったのですが、ドイツが徹底した守備とスペースをうまく突いたカウンターで効果的に攻撃するしたたかさを見せ、前半29分の時点で何と5-0。

正直、クローゼのW杯通算得点記録を更新するドイツの2点目が入った時点でもう勝負は決していたように思えますね。ブラジルの守備陣はもう打ちのめされていたように見えましたし・・・




それにしてもこれだけの大差がつくとは・・・間違いなく今大会最大の衝撃でしたね(´・ω・`)

個人的にはブラジルを応援していただけに、試合途中から痛々しいブラジルを見るのがかなり辛かったです。こういう大差がついてもコールド勝ちはなく、90分間は走り続けなければいけないサッカーの残酷さも垣間見えましたね。




しかし、ベロ・オリゾンテの惨劇という、ブラジル国民にとっては一生忘れることのできないであろう大きな傷を残していったドイツでしたが、最後まで手を抜かずに戦ってくれたことは素晴らしかったと思います。圧勝ムードだからと言って手を抜いてしまうことこそ失礼ですし、最後まで本気で戦うのがスポーツマンシップですよね。

そういう意味ではオスカルの1点はせめてもの救いだったのかな。


このドイツの強さを見せつけられたら決勝も普通に勝っちゃうんじゃないかって気がしてきましたが・・・個人的にはアルゼンチンとの決勝が見たいですヽ(゚ω゚ )





スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ