【決勝T1回戦】延長の激戦の末にアメリカに競り勝ったベルギー、7大会ぶりベスト8進出!

7月1日にワールドカップ・ブラジル大会の決勝トーナメント1回戦が行われ、ベルギー代表vsアメリカ代表の試合が行われました。

試合はスコアレスで延長戦にもつれ込み、延長前半に2ゴールを挙げたベルギーが2-1で勝利しました。ベルギーは7大会ぶりのベスト8進出を決めています。





スポンサードリンク








※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

ベルギー 2 – 1 アメリカ


得点者: 

延長前半03分 ケヴィン・デ・ブライネ[ベルギー]
延長前半15分 ロメル・ルカク[ベルギー]
延長後半02分 ジュリアン・グリーン[アメリカ]





試合ハイライト




ロングハイライト








攻めに攻めまくったベルギーが延長戦制し7大会ぶり8強入り!



プレミアリーグで活躍する選手たちを多数擁するタレント軍団ベルギーと、クリンスマン監督率いるアメリカの試合も見ごたえのある激戦となりました。

この試合は立ち上がりから終始アメリカゴールを攻め立てたベルギーでしたが、30本のシュートを放ちながら得点を奪えず、スコアレスのまま今大会5試合目の延長戦へ突入。

延長戦に入ってからは立ち上がりにデ・ブライネが待望の先制点を挙げると、交代で入ったルカクもダメ押しの2点目を挙げて勝負ありかと思いきや、アメリカも交代直後のグリーンが決めて1点差に詰め寄る粘りを見せます。1点を追うアメリカも終盤にチャンスを作りましたが最後はベルギーゴールを割れず、ベルギーが7大会ぶりのベスト8進出を決めました。


本当に今大会は決勝トーナメントに入ってから点がなかなか入らない堅い展開の試合が続きますね・・・ただ、得点は少ないながらも、この試合のMOMに選ばれたアメリカのハワードしかり、守護神たちが素晴らしい活躍を見せていて見ごたえ十分です!




実に38本のシュートを打たれていたハワード。スーパーセーブ連発していただけに、悔しい敗戦だったでしょうね。

そして興味深いのが、決勝トーナメント1回戦の全8試合、すべてグループリーグ1位通過のチームが勝ち上がっていること。番狂わせのない結果になっています。


勝利したベルギーは準々決勝でベスト4を懸けてアルゼンチンと対戦します。




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ