【W杯H組】19歳FWオリギが劇的決勝弾のベルギー、ロシアに完封勝利で3大会ぶり決勝T進出決定!

6月22日にワールドカップ・ブラジル大会のグループリーグ第2節が行われ、グループHではベルギー代表vsロシア代表の試合が行われました。

試合は途中出場のディヴォック・オリギのゴールでベルギーが1-0で勝利しています。

この結果、ベルギーは2002年の日韓大会以来、3大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めています。




スポンサードリンク







※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

ベルギー 1 – 0 ロシア


得点者: 

後半43分 ディヴォック・オリギ[ベルギー]



試合ハイライト





ロングハイライト





またもヴィルモッツ采配的中で決勝トーナメント進出決定!



第1戦のアルジェリア戦で1点リードされながら、途中出場の2選手のゴールで逆転勝利を飾ったベルギーが、またもマルク・ヴィルモッツ監督の交代策がピタリとハマり完封勝利を挙げました!

前半、動きに堅さの見えたベルギーは、サイド攻撃で素早く仕掛けるロシアに多く決定機を迎えられるなど苦戦。後半途中にはミスが相次ぎ会場からブーイングが起きる場面もあったようですが、試合終盤にエデン・アザールやケヴィン・ミララスを中心にロシアを攻め立てると、後半43分にアザールのおぜん立てから途中出場のディヴォック・オリギが大きな仕事をやってのけました。



ロシアは再三のチャンスを作りながら、決定力を欠いたのが響きましたね・・・

まだエンジンがかかり切っていない感のあるベルギーですが、アザールやミララス、ルカク、フェライニ、デ・ブライネなど攻撃陣はやはりかなりのタレント揃い。調子が上がってくればいいところまで進みそうですね。

どうでもいいんですが、日韓大会ではベルギーもロシアも日本と同じH組だったのをふと思い出しました( ゚∀゚)

僕はとりあえずフェライニのアフロカットが見たいです(^q^)





スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ