【W杯F組】メッシ劇的決勝弾!エースの2戦連発でアルゼンチンが堅守イラン下し決勝T進出

6月21日にワールドカップ・ブラジル大会のグループリーグ第2節が行われ、グループFではアルゼンチン代表vsイラン代表の試合が行われました。

試合は堅守イランの守備に苦しみながらもリオネル・メッシが劇的な決勝ゴールを挙げたアルゼンチンが1-0で勝利しています。

この結果、アルゼンチンは2連勝で決勝トーナメント進出を決めています。




スポンサードリンク







※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

アルゼンチン 1 – 0 イラン


得点者: 

後半46分 リオネル・メッシ[アルゼンチン]



試合ハイライト





ロングハイライト





メッシの劇的決勝ゴールでイランの夢を打ち砕く!



第1戦ではボスニア・ヘルツェゴビナに辛勝したアルゼンチンは、この試合ではスタメンにディ・マリア、アグエロ、イグアイン、メッシが並ぶ強烈な攻撃陣で臨みます。

しかしイランの全員守備とも言える徹底的なディフェンスを前になかなかチャンスを得点に結びつけることが出来ず、このまま引き分けかと思われた後半アディショナルタイムにようやくエースのメッシが決めてくれました。





このタイミングでこのコースに蹴られたらGKはどうしようもない (ノ∀`)


一方のイランは堅守速攻を徹底し、アルゼンチンの誇る強力攻撃陣を終盤までシャットアウト。また、ミドルシュートやセットプレー、さらにカウンターからの手数をかけない速攻でたびたびチャンスを作り、後半9分にはカウンターでスルーパスに抜け出したデジャガがペナルティエリア内で倒される場面もあり、「ひょっとすると」と思わせるほど健闘を見せましたが、最後の最後にメッシにやられてしまいました(´・ω・`)

この結果により2連勝を飾ったアルゼンチンが決勝トーナメント進出を決めています。一方イランは1分け1敗で勝ち点1のまま、グループリーグ突破の望みをかけて最終戦で25日にボスニア・ヘルツェゴビナと対戦します。

しかし不調が叫ばれていても最後の最後で仕事をきっちりこなしてくるメッシはさすがですヽ(゚ω゚ )





スポンサードリンク




↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ