【W杯準々決勝】逃げ切ったアルゼンチン、完封勝利で24年ぶり4強!ベルギーは終盤猛攻も及ばず

7月5日にワールドカップ・ブラジル大会の決勝トーナメント準々決勝が行われ、アルゼンチン代表vsベルギー代表の試合が行われました。

試合はゴンサロ・イグアインがゴールを挙げたアルゼンチンが1-0で勝利しました。アルゼンチンは24年ぶりのベスト4進出を決めています。





スポンサードリンク








※試合詳細はサッカーキングの記事よりどうぞ。


試合結果: 

アルゼンチン 1 – 1 ベルギー


得点者: 

前半08分 ゴンサロ・イグアイン[アルゼンチン]





試合ハイライト








ロングハイライト





死闘制したアルゼンチン、24年ぶりベスト4へ!



メッシら小柄な選手の多いアルゼンチンと体格に勝るベルギーのベスト4を懸けた試合は前半からオープンな試合展開となりましたが、最少得点差で決着となりました。

前半から前がかりになった両チームは互いに積極的な攻めを見せます。アルゼンチンはメッシやディ・マリアがどんどんエリア内に侵入し、一方のベルギーもアザールやミララスがドリブル突破を図るなど、序盤から打ち合いになりそうな雰囲気で試合が進みます。

先制ゴールを挙げたのはアルゼンチン。前半8分、ディ・マリアのパスがDFに当たってこぼれたボールをイグアインが振り向きざまにうまく合わせ、ボールをゴール左隅に流し込みました。




後半は積極的に選手交代を図ったベルギーが高さを活かしサイドからの徹底したパワープレーを仕掛けると、流れは完全にベルギーへ。しかしフェライニの惜しいヘディングシュートも枠を捉えられず、また終了間際にエリア深くに侵入したルカクの折り返しも相手に跳ね返され万事休す。


そのままイグアインの大会初ゴールを守り切ったアルゼンチンが1-0で勝利し、実に24年ぶりとなるベスト4進出を決めています。


この試合は最後はちょっと眠くなってしまいましたが、やっぱりメッシは守備しなくても違いを生み出せる選手なんだと再確認しましたw

前半の変態トラップからのドリブルもそうですが、プレーが1人だけ別次元でしたね。イグアインの得点もメッシが中央でタメを作って展開したところから生まれましたしね。


それにしてもベルギーの終盤の猛攻は凄かった・・・延長戦を戦って中3日であれだけ走るのはほんと執念でした。


あと面白かったシーンはイグアインがシュートをバーに当てたときのアルゼンチンのサベーラ監督のリアクション。立ったまま気絶しそうになってたw






これでベスト4のうち3チームが出そろいました。いよいよ佳境という感じですが、そろそろ寝不足がヤバいです (ノ∀`)

アルゼンチンは準決勝でこの後行われるオランダvsコスタリカの勝者と対戦します。




スポンサードリンク


↓↓読んだ後はシェアもよろしくです(ゝω・)v↓↓


 RSSリーダーで購読する



こちらの記事もおすすめ

コメントを残す



サブコンテンツ

このページの先頭へ